経済指標でのトレードはしない。

アメリカの雇用統計など重要な経済指標の発表時に僕はトレードしません。ポジションを持っている場合は指標発表の時間までに決済してしまいます。

FXトレーダーのブログやツイッターなどを見ていると初心者の人は特に誰もが経済指標でトレードしているかのように思っていたりもするみたいですが、決してそんなことはないです。

僕はあんなギャンブル、参加したくない。
このブログを読んでくれてる人にも、絶対に勧められない。

経済指標には「予想」の数値があります。事前にアナリストたちが予想した数字が。あの数字でさえバンバン外すのに、アナリストたちより情報の少ない僕らが経済指標の結果を予想してどうなるというのか。というのが僕の考えです。

もちろん場合によっては情報量の多いアナリストより、限られた情報から精査した僕らの推測の方が正しい場合もありますしそれも少なくないかもしれません。

でも、雇用統計のような大きく動く時にトレードすると考えると、いずれにせよリスクが大きすぎます。

仮に今回利益を得ることができても、次回、さらにその次、読みを外せば、それだけであっという間に収支はマイナスに転じてしまうでしょう。だから全然美味しくもなんともない。

再現性のないことに自分の限られたリソース(時間、労力、資金)を割くのは勿体無いです。一度身に付けたら繰り返し何度もその方法で勝てる、そういうものを獲得するためにリソースを割きましょう。

コメント

コメントする