手法探しの方法について。まず自力でオリジナル手法を考えてみよう。

FXトレードの手法を探す時、まず最初は自力でチャートの中から何かしらの法則性を見つけ出し完全オリジナルのトレード手法を構築するつもりで研究してみることをお勧めします。

この作業はとても大変なことではありますが、でもこの経験が必ず後に生きてきます。この時のああでもないこうでもないと試行錯誤した経験が、その後ずっと、チャートを分析する時の基礎体力みたいなものとして生きてきます。

もちろん基礎体力はこの時の経験だけが全てではないのでその後もずっと精進し続ける必要はありますが、まず最低限の基礎体力がないと、“技”だけ学んでも上手くいかないものです。

稼げている先輩トレーダーの手法を教わっても誰もが同じようには稼げないのがFXですが、その原因の多くはその辺り、基礎体力の有無が関係しているのではないかと思います。基礎体力…要するに、チャートを読み解く力、ということかと思います。

で、自分の力で自分オリジナルの仮の手法を考えてみて、それをデモ口座などを使って試してみるといいです。初めから完璧な手法を作り出せる人なんて恐らくいないので色々欠陥があると思いますが、そういう欠陥に気づけることが第一歩になります。

そういう何かしらの「欠陥=課題」を見つけてから、自分以外の誰かの考え方や手法にヒントを求めるために本を読み漁ったり、誰かに師事したり、した方がいいです。一見遠回りのようでも、実際にはその方が確実に近道になります。

(これ書いていて気付いたけど、学校の勉強を問題集で勉強する時の効率的な勉強法と同じですね。分からない問題があった時にすぐ解答や解説を読んでしまってはなかなか力が付きません。分からないなりにどうにか答えを出そうと頑張ってみて、その上で解答や解説を見てみると、覚えが早く、次に同じような問題が出た時は答えられるものですよね)

何も知識がない時だからこそ気づけることとか、初めの頃の高い集中力や好奇心があればこそ見えてくる複雑な部分だとか。そういうものは後になって同じ行動(ひたすらチャートを見まくる等)をしてみたところで、同じように得られるものではありません。

初めの頃の「まだフレッシュな自分」だからこそ得られる気づきや洞察があるものです。フレッシュさは一つの力になるので、その力を無為にしてしまわないようにしてください。

コメント

コメントする